激しいチョコ欲は体からのサイン?

 

dounatu

ダイエット中は糖質を控えなきゃけないと思っているのに、どうしても止められない物ってありますよね。


たまに食べるくらいなら問題ないのですが、食べて満足したはずなのに、またすぐに食べたくなる場合は、体に必要な栄養素が不足しているからかも知れませんよ。


体重増加やニキビの原因にもなるチョコレート、甘くて美味しいんですよね。


でも、体が求めているのは本当にチョコなのでしょうか。



とにかく甘い物が止められないというのは、砂糖中毒の可能性もありますが、チョコが異常に食べたい時には、マグネシウムの摂取量が不足しているのかも知れません。

 


普段甘い物を食べる習慣がないような人でも、マグネシウムが不足してるとチョコを食べたくなると言うのですから不思議ですよね。


ダイエット中なのに、ニキビが出来やすいのに、チョコが食べたくて仕方がないという時には、

 

マグネシウム含有量の多い

大豆製品、

ナッツ類、

スルメ、

ひじき等

 

を食べてみてはいかがでしょうか。


どれもチョコよりもローカロリーで腹持ちも良く、美肌効果の高いものばかりですので、これでチョコ欲が治まるなら試してみる価値はありますよね。

 



ちなみにパンが食べたくて仕方がない時にはタンパク質が不足している可能性が高く、

 

こってりとした油っこいものを食べたい時には、カルシウムが不足している可能性が高いんですよ。

 


甘い物全般はクロム・トリプトファン・硫黄などのミネラル不足が疑われます。

 



食べたいものを我慢して、ストレスになってしまったり、反動でドガ食いをして後悔してしまわないように、

体が本当に求めている栄養素を知り、必要に応じて補ってあげるようにしましょう。